良いお年を!モザイク工房より


小学校モザイク壁画 撮影 日刊建設通信新聞社 池田氏

 

Buon Natale e Felice Anno Nuovo!
Nahomi Okada
みなさま、よいお年をお迎えください。
 
のがたモザイク工房 平成29年の振り返り
今年はおかげさまで年初から、ホテルのモザイク看板、幼稚園のモザイク看板など、モザイク看板の制作と問い合わせが続きました。

続いて小学校モザイクアート壁画案件の準備を開始。

現在のモザイク仕事スペースは、自宅兼工房です。家事都合もあり、平成26年に一旦、賃貸から、自宅に戻りました。手狭な環境。いよいよモザイク工房の規模拡張の必要性に迫られ、拙宅庭を一部整え、新たな作業スペースを確保しました。そのために、異業種、諸先輩からお知恵をお借りし、春から秋は、新モザイク工房プランの段取りを推し進めました。

秋は、日本芸術療法学会にて発表をいたしました。昨年に引き続き、二回目の発表。10月に初島根へ。学会では、ナホミオカダ造形表現研究所、12年間実施したモザイク教室の研究事例をまとめとし、モザイクセラピーの可能性を発表しております。
出雲大社、松江市、出雲国一の宮熊野大社などを観光し、島根にて英気を養いました。戻ってからは、小学校のモザイクアート壁画制作に集中しました。

小学校モザイク壁画制作は、長年のモザイク実績を土台とし、デザイン画と、ワークショップに反映しています。ワークショップではモザイクのワクワク・思い出・思考性を充分検討し、モザイクの絵柄には、頂いておるテーマであるモチーフと絡め、”今の時代”の子どもたちの心に届くもの、そして、夢と希望を感じるものであることや、学校生活がより楽しくなるよう要素に願いを込めました。

その間、モザイク教室は休講するなど、反面モザイク教室の皆さまにはご迷惑をおかけしました。来年は、内容の見直しを検討しております。

 実り多き一年でしたが、心残りは、1ヶ月を予定したイタリア渡航を実現できなかったこと。昨年に引き続き、イタリア語ブラッシュアップの時間を確保したかったのですが、無理でした。

***
平成29年もいよいよ残りわずかとなりました。昨夜は、乾燥した東京地方に、ようやくお湿り程度の雨が降りましたね。皆さまどうぞ、風邪にご留意し、
良きお年をお迎えください。
のがたモザイク工房をお引き立ていただきまして、ありがとうございます。
来年も一層精進してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
のがたモザイク工房
岡田七歩美