“cave canem” おめでとうございます!


おめでとうございます のがたモザイク工房  制作オカダナホミ2017-2018

year of the dog 2018 Buon Anno!  Nahomi Okada

新年あけましておめでとうございます

 

平成30年戌年

自由と平和を愛し、たゆまず進みましょう。

不穏な空気に気分を左右されることなく、
自分らしさを守りましょう。

小さな光の粒を、今、この場で大切にし、

世界の平和を願います。

ナホミオカダ造形表現研究所
のがたモザイク工房 岡田七歩美

ナポリ考古学博物館 モザイク 撮影2008Nahomi Okada

 

ポンペイ出土の犬モザイク

“cave canem”、今のイタリア語では、”attenti al cane”
”猛犬注意”の意味にあたる言葉です。

ポンペイ時代、裕福な住居の入り口(床や壁)には、番犬のモザイク画が掲げられた家もありました。泥棒よけだったのでしょうか?写実的なモザイク表現は、当時、描かれたもの(作られたもの)を見たことのないものにとっては、現代の3D以上に刺激的で、本物と見間違うほどの表現であったことでしょう。

ポンペイ出土の犬のモザイクは、世界で一番よく知られたモザイク犬と言えるのではないでしょうか。

オカダナホミは、モザイクを通して、みなさまに、新しいモザイクアートの魅力を発信してまいります。抱負は、”画力(がりょく)”をつける。本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。皆様のご多幸を、心よりお祈りいたします。

 

 

canem cave 犬のモザイク画

参照:「トリマルキオの饗宴」青柳正規 中公新書