小学校のモザイクアート「40周年行事に」


桜の植樹式典時に、桜の花びらモザイクピースを埋め、完成しました。

Elementary School mosaic project, make it with 260students.

公立小学校40周年行事の一環で、モザイクアート作りを実施、
全校生徒参加で制作しました。

一年生から六年生まで。

次々と、モザイクのピースを一人一人がモザイクしました。

子どもたちの順番が終わったら、担任の先生。

そして、学校関係者、300名近い人が参加して、学校名のモザイクアートを作り上げました。

一年生のモザイクアート

 

一年生のモザイクアート みんな、真剣です。
夕日に照らされた学校モザイクアート
学校のモザイク

 

小学生全員が参加したモザイクプロジェクト、その日の夕方 静かにたたずむ生まれたてのモザイクアート

この度のモザイクアートのプロジェクト、 お話から実施まで、時間の無い状況ではございました。

現場で制作するか、校内で作ったものを、後からこちらで現場に貼りこむか。検討しました。

全校生徒参加という前代未聞の運動会みたいなモザイクアート作り、現場実施は、勇気を必要とする決断。打ち合わせをし、学校側の了解を得て、その日のために、のがたモザイク工房は、下準備に励みました。

2月下旬という天候が不安定な時期でしたが、モザイクアートの実施日は、みんなの力でしょう、モザイク日和となりました。

教室から、ひとクラスづつ、子どもたちが列になって出てきます。どの子も、ちゃんと、前の子の作業を見て、学び、自分のモザイクを埋めていきました。三年生は、この日のスタートバッターでした。リズムづくりの大事な担い手。こちらも、副校長先生始め、担任の先生も見守る中、モザイクは始まりました。このように、1日のモザイクが、三年生から始まったのです。二年生は、「D」。一年生は、大きなピースの「O」の文字。

四年生は「A」。五年生は「O」しかし、一年生の「O」より、はるかに難易度が高く、1クラスのチームワークが必須のデザインでした。準備する側としては、きっと、全部は無理だろう。そんな予測もしておりましたが、、。

5年生のチームワークが良くて、ゲームみたいに次々と、小さなモザイクのピースを並べていき、あっという間に黄色と緑のモザイクピースで「O」の文字を完成させたのでした。最後は、六年生の「M」黄色とオレンジのコントラストがデザインのポイントです。

どの学年も、持ち前の力を発揮して、自分たちのモザイク仕事をやり終えました。子どもの力、すばらしい!目の前で、創造が生まれる現場を目の当たりにしました。モザイクには、果てしない可能性がある!モザイクの魔法の力を一層強く感じた一日でした。

前代未聞のプロジェクトでしたが、

学校側の全面的な協力と、子どもたちの限りない創造性が、彼らの学校のシンボルとなるモザイクアートを生み出したのでした。

今週は、卒業式ですね。

彼らが成人するころ、あの時あの頃。をきっと、思い出すことでしょう。

このような機会に恵まれたご縁に、とても感謝しております。

放課後、子どもたちが飛んで出てきて、モザイクの完成作業を手伝っています。

 

みんな、楽しかったですね!
ナホミオカダ造形表現研究所 岡田七歩美