年の瀬 平成三十年振り返り


間も無く、平成三十年の幕が閉じられ、新しい年が始まります。
平成三十一年、日本に馴染みの深い私たち皆にとって、来年は、大きな節目を迎える一年となりますね。

岡田家の正月は、大切な家族行事で、ささやかながら、お節料理を準備して祝います。ここ数年、お重は姉が準備したものを頂きますので、わたくしの担当は、昆布巻きと、松前漬位、簡単なものを仕込みます。

手作り昆布巻き

 

年の瀬に平成三十年を振り返ります。

2月の、青梅市小学校40周年記念制作、全校生徒260名とモザイクアートを皮切りに、9月は、横浜市の小学校110周年記念行事のモザイクアート、全校生徒900名を超える児童達とのモザイクアート壁画制作にたずさわりました。

小学校との関わりの発端は、一昨年前のトイレ改修工事に伴うモザイクアート壁画でした。30名弱の生徒参加数が、一気に千名近い児童とのモザイクアートプロジェクトの遂行でしたので、大きな経験となりました。

横浜市小学校110周年記念行事 モザイクアート制作

イタリア関連では、昨年に引き続き、今年も5月に2週間、フィレンツにて、イタリア語のブラッシュアップ研修を受けることができました。その時に、イタリア北部のモザイク遺跡、アクイレイア のモザイクを、二十年ぶりに再訪できました。

プライベートでは、イタリアへ渡る直前に、左足薬指骨折という大事を引き起こしましたが、なんとか、予定通り、語学留学の日程を終えることもできました(笑)。

そして、平成三十年の大きな事項は、なんと言っても、6年ぶりとなったモザイクアートの展示です。御岳澤乃井での展示開催につきましては、これまでも、何度かその由縁をご紹介しておりますので、繰り返しませんが、2月と、6月には、澤乃井で開催される落語の会に参席させて頂いたり、私の中での御岳ご縁は、ただ一直線に強くなっております。

先週12月のクリスマス連休には、御岳山へ、この一年のお礼参りに出かけて参りました。

小澤酒造 ままごと屋からの小雨景色 6月

 

師走御岳 多摩川の翡翠色

 

武蔵御嶽神社 さて、イノシシ君か、お犬様か疑問の大きい狛犬君?

モザイクアート教室は、つつがなく小さな活動を継続させて頂きております。2016年より取り組んできたモザイクアートの方向性に、次のビジョンが見えてきたように感じておりますので、軌道修正をしつつ新しい年に、繋げ発展したい所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

モザイクアート受注の引き合いも、暮れに向け、徐々に回復してきております。お引き立てくださるお客様に、心より感謝申し上げます。

研究3年目となる日本芸術療法学会の事項では、京都宇治の舞台で発表致しました。正月休みの間に、2年がかりで取り組んだ論文の最終稿をまとめたい所存です。

学会つながりでは、パンダのモザイクアート小作が、海を越えて、古き百済の地へと渡るというご縁がございました。ビックリしています。

2014〜2018年は、シフト変換を実施した時間です。その大きな事項が学会参加ですが、私の頭の中に長いこと点在していた思いを、学会の門を叩き、一つの研究成果に結びつけるのに専念しました。

そして、いよいよ、漠然とした頭の中のクラウドが、一つのまとまりとなってきたようです。平成31年、そして、新しい年号に向け、活動します。

 

皆様、どうぞ、良き年越しを!

本年は、大変お世話になりありがとうございます。
素晴らしき一年でした。

平成30年12月31日
ナホミオカダ造形表現研究所 岡田七歩美