さよなら平成ありがとう 平成31年4月30日


The last day of the Heisei era

 

平成31年4月30日(火曜日)雨。

シンと静まり返った野方で、ふと湧いてきた平成最後の思いは、
インターネットの普及についてでした。

Windows98の過剰宣伝には、当時神経衰弱のような拒絶反応が起こりました。

パーソナルコンピューターが普及し、E-meilが出始めたのは、ドイツに住んでいた頃です。私はまだ、ワープロを持って留学していました。事故後の両手骨折した手指でせっせと、当時の入院日記を打ち、FAX送信していました。

 

「海外の友達とも、時間を気にせずやり取りできる手段は、夢のようだ」と感じたことを覚えています。
今では、瞬時にどこでも、テキストメールで話せます。動画も自在に送れます。

 

帰国し、日本と、イタリアを行ったり来たりして、そろそろ落ち着いた、平成12年(2000)暮れから、HP制作を始めました。

「ワープロみたいに入力すれば良いから簡単だよ。」従姉妹に言われ始めてしまった自作HPは、翌年4月の公開までに、背丈くらいのマニュアル本と格闘する結果でした。

HPから、モザイク活動の世界が始まったのでした。

徐々に、美術館や、TVや、学校などの仕事の場を頂きました。

 

SNSは、ミクシイに始まり、フリッカー、Twitter、FB、インスタ。
ブログもいろいろ試しました。

現在は、情報は極力、自分のサイトにまとめるようにしています。

 

 

インターネットでは、幅広い情報が、世界同時に取得できるために、
ナーバスになることもあります。

ITの進歩と、自己とのバランス管理をして、
自分自身の成長を見守ります。

 

平成振り返り
意識して元号「平成」で列挙したけれども、
記憶には、西暦で事項がインプットしていますね、、。

言わば、自己観察としての内観法 のようなものだったと思います。先日、図書館で、故吉本伊信先生の内観法 を手にとりました。話題の前田裕二氏メモの魔力  も、自分振り返りの方法論でした。こちらは、平成31年2月9日煮えきった頭をクールダウンさせるために買った一冊です。

私的な平成を振り返り、人とのご縁の不思議に気がつきます。

独りで生きているようですが、一つ、そして次の行動のきっかけは、人とのご縁から芽生えた事柄だと、再認識され、振り返り中、目頭が熱くなるときもあったり、意外と強い縁がある方を発見したり。

大学を卒業し、社会に出て、揉まれ、悩み、留学の夢を実現し、事故もあって、帰国。その後、お客様や、仕事に恵まれ、家族問題を乗り越えながら、なんとか、今日まで、自分を強くしてきました。

おばあさんになっても、今よりもっと、「自分らしく」なりたいな。

#さよなら平成
#ありがとう平成

#ようこそ令和

#ありがとうお客様

#ありがとう友達

#ありがとう家族

#ありがとう人類

 

いつも、私と一緒に歩んでくれる、自分にも、平成のありがとうを伝えたい。

みなさま、楽しい休暇や、イベントを!

 

「平成の恩恵は、ITの進化」、

未だガラケーちゃんの私でも、こう閃く。平成の締めくくりでした。

作品「うめぇ〜」 制作:岡田七歩美 平成30年

 

 

平成9年(1997)、ラヴェンナ美術大学在学中に制作したモザイク作品です。作品「オンダ」、オンダ/onda とは、波の意味。ウェーブ、イナズマ、リボンの形状などは、私の心を長く引きつけた対象でした。多摩美術大学の卒業制作で、シルクスクリーンで制作した作品を、モザイクに作り直したものです。

作品「オンダ」制作:岡田七歩美1997