水断食 1日半(32時間)


6月30日各地の神社では、「茅の輪くぐり」という夏越しの祓い行事が執り行われます。

半年間の罪穢れ(つみけがれ)を清め、
無病息災(むびょうそくさい)を祈る行事です。

 

水断食きっかけエピソード

滝行5年目

さて、

週末に、マイパワースポットである御岳山に行きました。
滝行をします。

滝行は、
2015年3月の初回デビューから数えると、5年目になります。

滝行人気は、年々高まっています。

定宿は、夏場の予約は取りにくいのです。

 

人が多い滝行は、
かえって疲れてしまいます。

冬から春にかけ、
冷たい季節の滝行が好きでした。

 

 

「6月の滝は気持ち良いよ」

こう聞いてもいましたが、

タイミングも合わないので、これまで爽やかな季節の滝は、機会がありませんでした。

今回は、

初めて梅雨時期の滝行です。

当日土砂降り。

 

御岳山6月の滝行

 

 

滝壺まで宿からおよそ30分。

ぬかるんだ山道では、
ピョコピョコとガマガエルが跳ねています。

カエルは、野方ではほとんど見かけなくなってしまったから、嬉しくて、そっと触りました。硬い皮でした。

 

大雨の影響でしょう。

滝の水量は多く、滝に打たれ感は強かったけれども、水から上がった時の冷たくない感覚は、初めて。

 

6月の季節を感じました。

神道の滝行は、滝に身を任せて身を清める姿勢。

 

えいえいと苦行のイメージではなく、
私には向いているみたい。

初めての滝行は、
偶然の巡り合わせのようなキッカケでした。

いつしか滝行は、習慣化し、
3〜6ヶ月毎受けるようになりました。

 

スッキリします。

 

御岳山 ユキノシタの石垣

 

水断食は、食後の会話から

滝の定宿でご一緒したご夫妻と、食事時に、断食の話になりました。

食事の時間には、お互いに、どうして滝行をするのといった、通り一遍の話題から、話が展開するのです。

 

聞けば、ご主人は、
学生時代、成田山で6日間の断食行をしたことがあるというのです。

今から30年前というお話でした。

奥様も、二泊三日の断食はしたことがあるそうです。

 

断食は、病気しらずと言いますが、
二泊三日の断食でアレルギーがすっかり治ったとか。

 

山の雪の下 御岳山 6月下旬

 

この御岳の宿でも断食滝行は実施しています。

私は、宿のお食事が美味しすぎるので、これまで選んだことがありませんでした。

 

食べ過ぎ生活SOS!

ところで私は、5月中旬から現場で修復の仕事をしているのもあり、体力仕事を理由に、すすむは食欲、増えるはアルコール。

乱れ気味の食生活。

季節変動や、疲労、ストレスも重なって、胃の調子は今ひとつピンとこないのに、食べ続けている日々でした。

 

御岳宿の食事

 

滝行開けて決断「水断食」

このような背景で、

滝行から戻ると早速、水断食を決行したのです。

滝行でアルコールも抜いたので、良いタイミングです。

その夜は、

重湯・とろろ昆布、おからパウダー・高野豆腐の汁・梅干し・少しの味噌を頂きました。

 

断食24時間を越す頃から、水を飲むのも苦しくなってくるのですが、おもゆを食してからは、すっと、体が収まりました。

 

早めに休み、

翌朝は、バナナ・トマト・庭の明日葉と雪の下でスムージーにしました。

スムージーに加えた少々のゴマの味の美味しいこと!

 

身体が、余計な塩分や油分なく整っていると、水もあまり欲しくないようです。軽やかな感じがします。

 

昼には、おかゆを食べました。

体がポカポカ温まる。

普段の食生活ではそんな身体の声を受け止める余裕も麻痺してる。

 

2日間、48時間がんばるつもりでしたが、32時間で諦めました。

明日は、会食の予定があるので、元どおりの生活です。

身体を酷使していた日常を、見直した6月の最後です。

 

次は、御岳の宿で、断食修行してみます。

6月の恒例仕事、梅干し10キロ、らっきょう3キロも漬け終わりました。

梅干しと、おかゆの味わえる日本の食文化に感謝します。

 

梅干し10キロ

 

らっきょう3キロ