高畑勲展 想像する気持ちを呼び覚ますもの


Takahata Isao 
Alegend in Japanese Animation
July2,2019-October6,2019
The National Museum of Modern Art,Tokyo
雨ばかりの7月。

七夕の日曜日に、東京国立近代美術館開催された高畑勲展に行きました。

高畑勲氏は、日本のアニメーションを牽引し続けたアニメーション映画監督です。常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を追求した革新者・高畑氏の創造の軌道は、国内外の製作者に大きな影響を与えました。本展示では、高畑氏の演出術に注目し、制作ノートなどの未公開資料も紹介しながら、その作品世界の秘密に迫ります。” 展示リーフレットからの抜粋引用

高畑勲展 東京国立近代美術館

 

私は、ジブリのアニメーションが全盛期だった頃は、イタリア留学準備や、留学中だったので、タイムリーにジブリ作品に影響を受けてないのです。

幼い頃楽しんだ、カルピス劇場の作品が、強い思い出です。中でも、思春期の心情とかみ合った赤毛のアンは、大好きな作品でした。

「アンから受けた特別な思い」は、大人になるにつれ次第に、高畑勲という監督の作品である事を知って行ったのでした。

 

高畑勲展 東京国立近代美術館

 

展示では、膨大な手書き資料を目の当たりにすることで、天才の仕事量の偉業に驚き、圧倒され、

「アンから受けた特別な思い」を裏付ける、日本アニメーションの創始者達の仕事量に打ちのめされ、やがて、涙がこみあげる感動を胸に、展示会場を後にしました。

 

最後の作品となった「かぐや姫の物語」は、「線」と「余白」にこだわり抜いた高畑監督の信条が伝わります。

映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで (文春ジブリ文庫)高畑 勲

 

宮崎アニメよりも、高畑氏の作品に惹かれるものはなんだろう?

 

そんな疑問にすっと答えてくれたのが、仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場 (岩波新書)鈴木敏夫でした。

 

企画決定から完成まで約8年費やした「かぐや姫の物語」。プロヂューサーの西村義昭氏が語ります。

「線」と「余白」への監督のこだわりを可能にしたのは、田辺修(人物造形・作画設計)という人間の存在があったから。

「宮崎さんはキャラクターに入り込んで感情を描いて行く。田辺さんは感覚を描く(あの感じ)を描く。

ここは宮さんとはだいぶちがうところです。「かぐや姫」は本当に微妙な線があるでしょ。普通に動画の線にしてしまうと、たしかに味はなくなる。

カナダのアカデミー賞短編アニメーションを受賞している名匠フレデリック・バックは、高畑さんが「作品と生き方の両面でわが師」と仰ぐ人です。

完成した「かぐや姫」を観てもらいたくて、カナダに行きました。

バックさんは、

いわゆる大衆娯楽映画とは一線を画すとはっきり言ってました。

「表現は本当にぼくらに刺激を与えてくれた。しかし内容はアートだ。

 

仕事道楽 鈴木敏夫 新版 スタジオジブリの現場 (岩波新書)

 

展示は、数多く出版された本でも資料として見られるものが多いでしょう。しかし、高畑氏の仕事の領域全体を俯瞰することで、”日本のアニメーションに遺したもの” が、リアルに感じとれるし、何よりも、生の原稿や、膨大な資料が語る何らかの不思議なエネルギーが、会場には溢れているようにも思いました。

高畑勲展
日本のアニメーションに残したもの
2019年7月2日〜10月6日
東京国立近代美術館