mail boxのモザイクアート 10年経過


mailbox mosaic art  by Nahomi okada 2009

のがたモザイク工房、岡田です。

猛暑お見舞い申し上げます。

令和1年8月の暑さ、大変ですね^^;。

海の景色モザイクアートの涼便り。

10年前の夏日に制作していた郵便受けのモザイク作品です。

岡田自宅用の装飾、10年経過しても劣化していません。

色褪せがない、ガラスモザイク、良いですね〜。
玄関は、南東向き、朝日注いでいます。
制作工程をご紹介しましょう。

mail box モザイクタイル 「熱帯魚の泳ぐ景色」ナホミオカダ2009当時の撮影

 

ガラスモザイクアート工法:間接技法 紙ばり

ガラスタイルを、デザインに沿って、水性海苔で仮貼りします。

この時、完成面を反転して制作するので、間接技法と呼びます。

間接技法の利点は、手直しが容易にできることです。

mailbox ガラスモザイク制作風景:ナホミオカダ

 

mailbox ガラスモザイク制作風景:ナホミオカダ 郵便受けの扉部分を外し、モザイク施工の準備

 

2009年ナホミオカダ、、。 ステンレスに接着するために、エポキシ接着剤を試しています。エポキシ接着剤は、ベトベトするので、あまり好きではない。モザイク面にはみ出ない適量が難しい。

 

mailbox モザイクアート:ナホミオカダ2009 制作風景 貼り付け後

 

mailbox ガラスモザイク制作風景:ナホミオカダ 目地入れして完成です。

 

2009年当時は、賑やかなメイルボックス周りでした。貝をふんだんに使ったモザイク小物が利いています。 この時、試しに照明器具(上部)に貼ったガラスモザイクは、先日ツルッとはがれました。照明器具には、エポキシを使用していません。モルタル系接着剤のみ。でも、太陽光線の降り注ぐ南面。10年プラスティック曲面によく持ったと思います。信頼できるモルタル系接着剤です。

 

メールボックスのモザイクアート写真を、のがたモザイク工房FBに載せたら、おもしろい発見をした方がありました(友人🙂)。

「オカダ」と、「のがた」の、母音並びが同じだと指摘していました!

「OKADA」、「NOGATA」!(◎_◎;)

確かに、野方に暮らし20年、気がつきませんでした〜。

〜夏休みご案内〜

夏休みモザイクアート教室 夏の思い出形にしよう

夏休み朝活 モザイクアート教室

現在の郵便受け風景は、こちらでも紹介しています。

mailbox モザイクアート

 

貝の盛りもり植木鉢:ナホミオカダ2009