フィレンツェ旅2019〜4・ローマ


サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 Roma

day2 :Basilia di San Giovanni in Laterano

ローマ アウレリアヌス城壁、サン ジョヴァンニ門 
Mura aureliane  Porta San Giovanni 270-275

 

昨夜は、Baby G 電波時計合わせに散々苦労し、結局うまくできなかった。

朝食後、ホテルからさほど遠くないBasilia di San Giovanni in Laterano(サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂)を詣でよう。

ローマ4大聖堂(Basilica Maggiore)

ローマには、巡礼にきた信者が必ず参拝する4つの大聖堂があります。

サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
la basilica di San Giovanni in Laterano
サン・ピエトロ大聖堂
la basilica di San Pietro in Vaticano
サン・パオロ・フオーリ・ムーラ大聖堂
la basilica di San Paolo fuori le mura
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
la basilica di Santa Maria Maggiore.

 

 

以前も訪ねた教会とはいえ、まだ、イタリア旅の始まり。

緊張して、ホテルから直線のサンタ・クローチェ・イン・ジェルザレンメ通りを、サンタ・マリア・マッジョーレ教会と反対方向に、地図を頼りに歩くと、しばらくして着くはずです。

 

ローマを取り囲む中世の壁、アウレリアヌス城壁の外側から、ローマ市内に入る形となりました。
地下鉄A線サン・ジョヴァンニ駅からも同じように、サンジョバンニ門を通過すると、とてつもなく大きな聖堂が左方遠くに見えてきます。

サン ジョバンニ門を城外から抜けたところ トラムが走る イタリア旅ナホミオカダ 2019

 

11月朝の空気が肌に冷たい。
観光客が途切れる季節とはいえ、ローマのセキュリティーレベル年々高くなる一方です。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂前は、区切られ、警察がチェックするテントを通過して参拝する形でした。

 

サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ(聖ヨハネ)大聖堂は、コンスタンティヌス帝がキリスト教のために最初建てた記念すべき教会です。

現在この教会には、世界で最も権威のある教会として、「ローマ市および全世界の教会の母および頭」という称号が与えられ、全世界のカトリック教会に君臨しています。

ヴァティカンにあるサン・ピエトロ大聖堂よりも格が上の教会です。

参考:ローマの教会巡り 小畑紘一

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂

 

実は、晩秋のヨーロッパに来たのは、すごく久しぶりなのです。ローマで最も格の高い教会に参り、こうして、再びイタリアの地を踏めたことに感謝を告げました。

 

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 大きすぎて、到底私のカメラには収まりません。内部は、シーズンオフの早朝なので、観光客はほとんどいませんでした。聖ヨハネのお墓に向かい、懸命に祈りを捧げる信者の姿が印象的でした。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂は、当初キリストに捧げられていたが、10世紀に洗礼者ヨハネに再献堂された。その後、荒廃した時期もあったが、ルネサンスからバロック時代にあたる16、7世紀に再建された。初期キリスト教のおもかげは、ほとんどないが、付属の洗礼堂は五世紀の創建とされる。

(参考資料:図説 中世ヨーロッパの美術 (ふくろうの本) 浅野和生)

ローマ ラテラーノ広場のオベリスク イタリア旅ナホミオカダ 2019

 

さて、午後はバティカン美術館の予約があるため、さほど多くの時間は割けません。
今回は、まだ訪れた事のない付属洗礼堂に急ぎます。

聖堂を出て右手に流される形で、聖堂を後にします。そのまま裏手に洗礼堂があるのかと思いましたが、広場はとても広く、庭敷地を覗き込もうとする私を、その場にいる憲兵、カラビニエレが、いぶかしがりましたので、道を尋ねました。

そうして、聖堂正面から大きく右手の方角へ向かうと、オベリスクが見えて来ました。昨日空港からのバスで、そういえば、この広場を通過した風景でした。

洗礼堂は、その奥。

ローマ市内には、13のオベリスクが現存しています。
これまで、情報ではなく、視覚優先に旅してきた旅の記憶に、少しずつ、ローマ市内の地図が刻まれて結びついて行きます。

ラテラーノ洗礼堂 五世紀 Battistero Lateranense

 

洗礼堂(Battistero/バッティステーロ)とは、カトリック教会における儀式を行う場所です。

写真では、洗礼の水槽は、写真に収めませんでしたが、全身を水に浸し、「新しい命に生きる」ことを象徴します。

洗礼堂は普通八角形をしています。サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ聖堂の洗礼堂の構造は、イタリアにおいて、その後建設された礼拝堂のモデルとなっています。

参考:ローマの教会巡り 小畑紘一

 

ラテラーノ洗礼堂内小礼拝堂 Battistero Lateranense

 

ラテラーノ洗礼堂内小礼拝堂 Battistero Lateranense

 

ラテラーノ洗礼堂内小礼拝堂内 一部は、ローマ時代のモザイク床を望める Battistero Lateranense

長くなりましたので、この辺で今日は終わりにします。

データ

ローマ建国 紀元前753年4月21日 ロムルス
キリスト教公認 313年 コンスタンティヌス帝

フィレンツェ旅2019〜3