モザイクは材料を割る


テッセラ作り

ポイント矢印モザイクの仕事は、専用の割台で、モザイクの材料を割ることから始まります。

割った1つのピースを、テッセラ(una tessera/le tessere)、イタリア語では、こう呼びます。

手で割るので、制作に使う、すべてのテッセラの形が違います。古典モザイクスタイルでは、ほぼ同じ大きさのテッセラに割り揃えます。

テッセラの大きさは、1〜2センチの立法形(厳密には、やや楔形)を割り出します。目的の制作物により、さらに小さいテッセラを作る場合もあります。

テッセラ割り方

テッセラの割る形状は、技法や、制作目的によって異なります。

 

モザイクの工具 割り台とハンマー

モザイク用割台名称
タリオーロ  tagliolo per mosaico
モザイク用ハンマー名称
マルッテリーナ martellina per mosaico

モザイクピース
テッセラ una tessera/le tessere

モザイク用に、大理石を割る のがたモザイク工房

 

古典モザイクの複製制作では、オリジナルの写真を原画とし、テッセラ毎に、トレースしたものを、お手本にします。テッセラの流れを把握することが、重要です。

 

大理石床モザイク制作プロセス のがたモザイク工房

 

大理石床モザイク制作プロセス のがたモザイク工房 現場で直接作り込むのではなく、主に、工房内で仮制作したものを、完成後に現場設置します。

 

大理石モザイク割作業 のがたモザイク工房 

 

モザイクの材料・大理石

ポイント矢印大理石は、自然石ですから、石の割り感も、それぞれ違います。目のある石、固い石は割にくく、目的の形にならないテッセラを、どうやって、モザイクに仕上げるかも、職人の腕の見せどころです。

工業的なモザイクでは、1センチ立法程度に機械で割られた石のシートを、割台を使わずに、ニッパーで割り制作していますが、モザイク職人の制作するテッセラは、大きさも、厚みも微妙に違います。

 

モザイクアート 大理石
モザイクの材料 イタリア直輸入の大理石

 

モザイクの工具 タイルニッパー

ポイント矢印モザイク材料のカットには、割台のほかに、手元で、専用ニッパーも使います。割台のみで仕事するか、ニッパーを併用するかは、作家によって様々です。

ポイント矢印おかだなほみのモザイクアートでは、ラヴェンナの教えに従って、ニッパーを併用します。

 

 

ニッターによるタイルカット のがたモザイク工房

おかだなほみのモザイクアートは、タイルも割る

ポイント矢印様々なタイルを、シート状にした工業製品の総称を、モザイクタイルと言うようですが、おかだなほみのモザイクアートでは、タイルを割ることによって、独自のモザイク観を生み出すスタイルです。

モザイクアート タイル割り
ニッパーによるタイルカット のがたモザイク工房
現代のモザイク表現 制作:岡田七歩美 のがたモザイク工房

 

モザイクアートとは?