3月10日 Facebook Page のがたモザイク工房


こんにちは、モザイクアーティスト のおかだなほみです。

2019年3月10日、東京地方雨模様ですが、
大安・満月でお日取り良いのです。

しかし同時に、3月10日は、
首都東京を焼け野原に変えた、東京大空襲、死者10万人の被害が出た惨事が起こった日でもあるのです。

 

このような忘れがたき日に、
少し、足の遠のいているフェイスブック活動に、活力を注ぐ決意をしました。

Facebookページタイトル変更

FB新タイトル「岡田七歩美のモザイクアート・Nahomi Okada Mosaic Art

 

旧タイトル「のがたモザイク工房 Nogata Mosaic Laboratorio di Nahomi Okada」より、変更しました。

どうぞ、引き続き、よろしくお願い致します。

 

「のがたモザイク工房」オープン物語

FBのがたモザイク工房は、震災後2011年4月26日のオープンです。
同4月18日に、中野区野方の街に、新たな工房を立ち上げました。自宅兼工房の活動からの、ステップアップでした。

当時SNSの主流だったFacebookに、のがたモザイク工房のファンページを立ち上げ、活動周知拠点と致しました。

 

「のがたモザイク工房」ネーミングエピソード

「のがたモザイク工房」のネーミングは、モザイク教室生徒さんより頂いたものです。

 

震災自粛モードだった当時、自宅工房から、新工房へ緩やかに引っ越しする中、近所のファミレスで休憩を取った時の事でした。2名の生徒さんが、お手伝いして下さっていました。

話題は、新モザイク工房のネーミングについて。

 

おかだなほみの希望ネーミングは、モザイクジャングル。(^_^;)

「先生そんなのダメです!私なんか、そんな名前だったら、恐れ多くて、工房に通えません」

「先生!もっと親しみやすい名前にして下さい。」

 

このように、教えて頂きました。

 

生徒様の意見は、いつも、とても貴重です。

 

 

写真は、2019年9月澤乃井ガーデンギャラリー「モザイクアート作品展」にて モザイク教室生徒の方が撮影下さいました。

 

時代と共に変化するモザイクアート活動

早、FB「のがたモザイク工房」オープンから9年目。

のがたモザイク工房と、岡田七歩美の活動は、時代とともに、変化しています。

 

広く、お客様へ、モザイクアーティトの活動を周知して頂けるよう、この度、Facebookファンページタイトルを、

のがたモザイク工房より、「岡田七歩美のモザイクアート」へ変更させて頂いた次第です。

 

今後とも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

岡田七歩美のモザイクアートが、先行き不安な世の中に、小さな希望に繋がるよう(モザイクジャングルがオープンできるように)。

私自身も、今の世の中に、ブレることの無いように、芸術にかける指針を拠り所とし、より一層の努力を重ねて参ります。

 

お引き立てください!

 

令和3年3月20〜22日 東京都羽村市崇禅寺 はむら・アート展では、おかだなほみ のモザイクアート作品を、まとめて、ご覧頂けます。

展示では、第二次世界大戦の直接的な被害者であった、生き証人、昭和9年、東京生まれの父が、定年後これまで手がけた仏画も、同時発表して頂きます。合わせて、ご高覧頂けますよう、ご案内を申し上げます。