水断食 1日半 二度目


second time water fasting 36h

はじめに

こんにちは、モザイクアーティスト のおかだなほみです。
健康維持の目的で、2019年6月に、水断食(ファスティング)を始めました。

基本的に、水以外の固形物は摂取しない断食法です。

なほみ流水断食の目的
・デトックス(体内毒素の排出)
・アルコール、コーヒー依存の解消
・消化器官と肝臓の休息

・味覚の回復
・体型維持

はじめての水断食から、一ヶ月後

2019年8月5日

水断食 二度目36時間達成

 はじめての断食から一ヶ月経過。

土曜の夕食後から、二度目の断食をしてみました。

二度目だから、一回目に比べ、苦痛なく楽に過ごせました。

 

水断食1回目の飢餓感と比較

一度目の断食では、
頭が、
「食べたい」、
「辛い」、
「食べちゃおうか」。
このように、常に、食欲と戦っている状態でした。

ただ、ひたすら、辛い。

 

しかし、

二度目の断食では、24時間達成できた自信ができているので、飢餓感(=食べられないという不安)は、少なくなっています。

 

断食スタートは、夕食後から

断食を、夕食後から始めると、あとは、静かに眠るだけ。
十二時間は簡単にクリアできます。

朝、目覚めると、
フラフラして、
強烈な倦怠感に見舞われました。
速やかに、おじやを炊き、梅干しを伴って食事しました。
(水断食といっても、適当に、自分を甘やかすのが、なほみ流成功のポイント!)
水断食 経過日記 写真イメージ(庭で育てるゴーヤの収穫より)

はじめての断食から食の変化

この1ヶ月、お菓子や、卵はほとんど取らず、
肉食も、自分では作らなかった。
たまに、鯖缶など食べたり、
外食では、少し、肉食や、揚げ物も食べている。
先週、久しぶりに、ガストで日替わり定食した。
肉そのもの、というよりも、ドロッ、こってりとした味付けが受け入れがたいものになっていた。
濃い味付けを消化するために、
大量のサラダを食べたかったが、やめた。
これまで何倍でも飲んでいたガストコーヒーも、2杯以上は飲めなかった。

◆卵

卵についてだが、卵を食べなくなって1ヶ月。
全く不自由を感じないことに、驚いている。
牛乳は飲むようになったし、
たまに、ヨーグルトも食べる。
どうして、卵を必要と感じないのだろうか?
食材について、無農薬にこだわるとか、そうした特別な仕入れはしない主義の、ごくごく野方庶民の私なのだが、
卵に関してだけは、父の影響もあり、ちと、高級志向で、高めの卵を買っていた。
それなのに、ちっとも、食べたいと思わない。
夏場で、食欲低い時期であるのも、理由であろうが、
成人に卵は、さほど必要ないのではないかという結論さえ、たどり着いている。

◆豆

豆料理は、よろしいようだ。

豆腐や、納豆は、よく食べた。
小豆も二度炊いた。
今後の食生活には、豆は、意識して取り入れようと思う。
納豆は、便利食材だが、
炊いた豆の方が、より良い気がしてる。

◆小麦粉

菓子を食べないので、摂取は減少している。
朝ごはんに、コーンフレークか、オートミールは食べている。
パンは、二度ほど自分で焼いた。
外食で、二度くらい、コンビニサンドは食べた。

◆コーヒー・アルコール

コーヒーは、一日フィルターで淹れたものを一杯。
アルコールは、ビール一杯とか、ワイン少しとか。
どうも、赤ワインは、負担が大きく感じる。
安物を飲むせいだろうか?
作ってもあまり飲まない梅酒を、たまに飲んだ。
氷で割って飲むと美味しい。

◆排便

今朝、それはびっくりするほどの、排便があった。これが、噂の、宿便かもしれない、、。

(1回目の断食ではなかった。)

◆体重

断食は、ダイエットとは違うので、体重減少はないのだけれども、
1回目の断食前からは、2キロ痩せた。
水断食 ファスティング2度目 36時間達成