大島旅行ブログ(前半)・調布からフライト


こんにちは、のがたモザイク工房、モザイクアーティスト のおかだなほみです。

2020年、皆様のシルバーウィーク、は、いかがでしたか?

Go To キャンペーンを利用して、遠出されましたか?

 

伊豆大島 筆島

伊豆大島 筆島

伊豆大島の旅

わたくしは、伊豆大島へ出かけました。
東京は、Go To キャンペーン除外なので自費です(笑)。

プライベート、
そして、仕事でもお世話になっている、まる企画の大島分所へ行きました。

大島は、これまで数回旅しています。

大島行き、普段は、竹芝桟橋から、東海汽船、夜のフェリーボートを利用します。

一晩かけてのんびり。
東京湾の夜景を眺めながら、旅するのが好きなのです。

しかし、

大型船の長時間利用は、まだ懸念されるところで、8月、お盆時期にも行く機会があったのですが、見合わせました。

 

夏の閉じこもりストレスも、そろそろ限界。
この度は、旅立ちを決めました!

大島へのフライト

旅路の2日前に「欠員出たからどう?」と、お誘いを受け、急きょ決めた旅でした。

調布飛行場まで、野方から車で行き、小型機でフライト。

大島へのフライト 新中央航空 ドルニエ 調布飛行場

 

 

短時間で移動でき、少人数(定員19名)のフライトならば、

今の時期、

大型船のフェリーボートより、

新型コロナウィスル感染リスクは、低いと思います。

 

調布飛行場の駐車料金は、一晩千円。

公共の交通は避け、大勢とは接触しないスタンスでの旅スタイル。

 

調布~大島間は、わずか、20分のフライトです!

ドイツ製の小型車ドルニエ(Dornier 228-212NG)定員19名。

 

搭乗時、申し込み書に体重を記入します。

着座は、体重のバランスをとって、決められるそうです。

機内に乗り込む時に、名前で呼ばれ、振り分けられた席に座ります。

大島へのフライト 新中央航空 ドルニエ 調布飛行場

 

これまで、
イタリア内の移動、例えば、ローマ~シチリア間の旅では、小型機を利用したことがあります。

大島行きのドルニエは、ヨーロッパ内の小型機より、はるかに小さくて、低空飛行でした。

太平洋に出るまで、

東京~神奈川の町並みを見降ろす眺めはなかなかのもの。

太平洋に出たと思ったら、

まもなく、着陸態勢です。

 

よく晴れていて、座席とは反対側でしたが、富士山も、半分見られました。

調布〜大島間 フライト(スマホ 機内モード撮影)

 

調布〜大島間 フライト(スマホ 機内モード撮影)

 

調布〜大島間 フライト(スマホ 機内モード撮影)

 

調布〜大島間 フライト(スマホ 機内モード撮影)伊豆大島着

 

調布~大島、費用は片道12,000円。
往復割引では、さらに、2000円近くやすくなります。

他、超過荷物料金が発生します。

大島へのアクセス方・高速ジェット

大島へのアクセスは、竹芝桟橋からの

高速ジェット船利用が、一般的だと思います。

竹芝桟橋から約1時間45分で、大島に到着します。

 

前述した通り、他、ゆったり船旅を楽しみたい方には、ロマンティックな大型フェリーボートがオススメです。

費用も、二等席は、エコノミー。

 

伊豆大島観光マップ 大島一周50キロメートル 大きいな島です。

伊豆大島とは 伊豆大島ナビ

 

大島滞在記

全3泊のうち、到着初日は快晴。

そのまま海へ直行できる晴れ日でした。

海の水は、9月の方が、より暖かいのですよ~。

 

大島 岡田港すぐの、日の出浜 高速ジェット船で来た人と、合流。

 

まる企画代表の赤坂さんは、海遊びの名手、赤坂さんに見習いながら、私も、シュノーケリングを楽しみました!

水は透明で、顔を水につけた途端、ルリスズメダイだと思います、瑠璃色の小さな魚や、イソギンチャクの間に見え隠れするカクレクマノミ、ツノダシなども見つけることができました。

 

夜は、

満天の夜空が美しく、

白くぼーっと雲のような筋の天の川が!

 

芋掘り前のサツマイモ畑

 

大島の芋掘り

大島滞在二日目は早起きし、
旅、第一目的の、「芋掘り」。

 

「芋掘り」は、
雨のない土が乾いている間にするのが、秘訣だそうです。

土が濡れてしまうと、芋もぬれ、芋の保管に影響がでるそうです。

 

芋掘りは、幼稚園の行事以来、二度目の体験のような気がします。

 

まる企画 大島分所 芋ほり令和2年

 

地上いっぱいに伸びた蔓を切り、

芋を掘るのですが、

作業が続くと、

土の重さを感じます。

 

まる企画 大島分所 芋ほり収穫 令和2年

 

午後は、晴れてきたので、

また海へ。

 

ステイ先の、まる企画の大島分所よりすぐの、
トウシキ海岸で泳ぎます。

スノーケリングも、昨日より慣れ、

ゆったりした気持ちで、さまざまな色合いの熱帯魚を楽しむ余裕が出てきました。

沖すぐ近くの浅瀬でも、サヨリや、小魚の大群が群れていて、竜宮城のようなスノーケリングタイムでした。

聞けば、以前、大島の海と言えば、冷たいばかりだったのに、

地球温暖化の影響でしょう、

近年、次第に、熱帯魚が増え、珊瑚もみられるようになっているとの話です。

 

伊豆大島 海の中情報

 

おかだなほみの伊豆大島の旅(前半)終わり

後半は、伊豆の踊り子の舞台として知られる、差木地・波浮港界隈をご紹介します。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

おかだなほみ 伊豆大島旅行 2020年

 

おかだなほみ 伊豆大島旅行 2020年

 

 

おかだなほみ 伊豆大島旅行 2020年

伊豆大島は、現在も火山活動を続ける火山島です。

白い砂浜とは無縁の島ですが、
マグマが形成した赤黒い島のパワーは、
都会生活の疲労回復には、強力スポットです!

大島「地層断面図」

 

 

生気を取り戻し、
10月より、おかだなほみのモザイクアート教室も、いよいよ再開します!

令和2年9月新規生徒募集開始 モザイクアート教室