特徴:タイルモザイク


<はじめてのタイルモザイク>

タイルモザイクの魅力をまとめてみます

魅力1:タイルモザイクは、手軽です。手軽なことが、<タイルモザイクの>大きな魅力です。

魅力2:身近なタイルを割り、貼り付けることで生まれるモザイクの表情は、様々です。割るから、一つとして、同じものが生まれない、The オリジナルアートです。

魅力3:タイルを割ることは、大理石やガラスに比べ、簡単です。簡単ですが、奥深い芸術表現です。なぜならば、タイルモザイク の拠り所としているモザイク芸術そのものが、奥深いからです。この、奥深いモザイクの魅力を、まずは、ざっくり理解しようとするのが、のがたモザイク工房の、<はじめてのタイルモザイク>です。

魅力4:絵が描けなくても安心です。
タイルモザイク、そして、モザイクアートは、絵が描けなくても、作品が仕上がる工作的な楽しさがあります。組み立てるプロセスそのものに、幼心も感じながら、ワクワクします。

造形的に、素直な自分と向き合う時間です。もし、あたなに、学校教育で刷り込まれた美術苦手コンプレックスがあるとすれば、のがたモザイク工房では、それらも紐解きます。

魅力5:色が濁る失敗はありません。
タイルという材料を割るので、絵の具の混色がなく、色が濁りません。色の組み合わせを、目で見て、確かめ、考えながら制作でき、デザイン思考が刺激されます。

魅力5:お手本があります。
のがたモザイク工房には、様々な、モザイクアート作品が並んでいます。また、古典的なモザイクモチーフを手本にすることで、下絵を準備する必要はありません。

むしろ、絵を描くような、自由モザイクは、レベルが高く、難しいと考える姿勢です。まずは、しっかり、モザイクアートの基礎力を作りましょう。我流に陥らないポイントです。

魅力6:タイルモザイクは、生活を彩る小物作りができます。
上達すると、DIYと組み合わせることで、ちょっとした室内装飾にも応用できます。もちろん、飾りとしてのタブローも制作できます。

魅力7小さくて、味わいのある作品が、手軽に制作できます。本来、古典のモザイクは、床などの建築要素として発展したために、大きなものです。
古典調のモザイク図案も、タイルモザイクならば、小ぶりに出来上がる喜びがあります。

<はじめてのタイルモザイク>:作例 岡田七歩美2017

 

大理石古典モザイク複製:制作 岡田七歩美
タイルモザイク古典複製:制作 岡田七歩美 大理石モザイクの、半分以下のサイズ。制作時間は、三分の一で完成します。

 

区切り線

一般的なタイルクラフトとの違い

違い1:のがたモザイク工房の、タイルモザイク教室は、イタリアの伝統的なモザイク要素を、基礎としています。
徐々に、本格的なモザイクアートへ世界が開かれます。

違い2:職人的な技巧性よりも、考える、方法論を問う<タイルモザイク>のクラスです。
モザイクは、歴史が深く、勉強するほど、興味が広がる世界観があります。
使う材料は、<はじめてのタイルモザイク>では、タイルです。割ったタイルを、伝統的なモザイクの理論にそって並べることにより、モザイクの理解を深めます。一般的なタイルクラフトとは、作品作りのプロセスと結果が違います。違いを明らかにしながら、お客様の作りたい造形プロセスに向き合います。

違い3:割ることで生まれるモザイクアートの力には、お客様一人一人の個性が自然と造形に反映される領域があります。造形美術のプロ、そして、イタリアの本場でモザイクを学んだ講師が、お客様の個性を見極め、的確なアドバイスを致します。

タイルモザイク教室 作品例
タイルモザイク教室 講師作品例

区切り線

他にも、<はじめてのモザイクタイル>のこだわりとは

こだわり:ギリシア・ローマ時代の古典モザイク文様などを<タイルモザイク >の手本に活用することで、本格的な大理石モザイクの準備や理解につなげます。講座を通して、モザイクの歴史文化への理解を深めましょう。

ラヴェンナ伝統的なモザイク技法を、<タイルモザイク >には生かしています。

 

はじめてのタイルモザイク・作例
<はじめてのタイルモザイク>:作例 岡田七歩美2017

区切り線

このページで、ご案内したモザイクアートの作品は、いずれも、一枚のタイルを割ることで、制作しています。ぜひ、ご一緒に、モザイクの魅力を発見してみませんか?

一枚の10角タイルから生まれるモザイクアートの表現:のがたモザイク工房

区切り線

<はじめてのタイルモザイク>前期

<はじめてのタイルモザイク>後期

区切り線

モザイクアート教室スケジュール

お申し込みフォーム

  • お名前:
  • お申し込みコース名:
  • 初回レッスン日ご希望日:
  • ご住所:
  • 連絡先電話番号:
  • 生年月日:
  • 性別:

お申し込みの際は、上記合わせてご記入ください。

区切り線