canem cave 犬のモザイク


区切りポイントcanem cave(attenzione al cane)、猛犬注意。
世界一有名な犬のモザイクと言えば、「ポンペイの犬」。

ポンペイの犬 モザイク ナポリ考古学博物館

区切りポイント「ポンペイの犬」のモザイクは、ヴェスヴィオ火山噴火で埋もれた古代都市ポンペイ。ナポリから列車で小一時間。ポンペイ遺跡で発掘されたモザイクの多くは、ナポリ国立考古学博物館に展示されています。

 

 

 

 

 

ポンペイの犬 モザイク画「Cave canem」2013
ポンペイの犬 モザイク画「Cave canem」2013

 

区切りポイント「カーザ・ポルタ」各戸の室内扉に、モザイク絵のパネルを設置しました。目的は、入退出時の、扉汚れのメンテナンスです。(2013年実施)

ポンペイの犬のモザイクを、絵に起こしています。

設置後、不動屋さんは、絵ではなく、実際のモザイクだと思ったそうです。

モザイクは重量が出ます。また、制作コストは、制作時間に比例します。
モザイク絵画は、大きさに制限なく、表現ができるのも魅力の一つですが、この作品の作品制作時間は、モザイク制作と同様に、手間の入る仕事でした。

***

本場イタリアの修復現場や、モザイク学校の勉強では、モザイクを写実的に、絵として描き起こす技術も求められます。モザイク画は、モザイク・テッセラ(モザイクピース)の流れを理解しないと描けないものです。

修復現場のモザイク描写技法は、テッセラごとに陰影がつけられ、本物そっくりに描かれたレベルで、本物そっくりです。イタリアの教会を巡るとき、モザイクだと思ってようく観察すると、描かれてたモザイク画だと、発見することもあるのです。

***

 

区切り線

Casa Porta Nishiogikubo
  • Mosaic Arredamento
  • material/Acrylic paint
  • Tokyo Nishiogikubo
  • works Nahomi Okada
  • 2013  mosaic painting

区切り線